消費税増税に備えてお得情報を収集しておきましょう

スポンサーリンク

消費税増税に対し、国や各企業の取り組みを確認しましょう

2%とはいえ長い目で見たり、高額な買い物をするにあたってはなかなか痛い出費ですよね。そんな中でさまざまな救済的取組もあります。負担しなくてよいお金を使ってしまって、本当にお金を掛けたいところで断念しなくてはいけないといった悔しい思いをしなくていいように、お得な情報を収集して増税に備えましょう。

①キャッシュレス決済によるポイントバックなど

2019年10月から2020年6月までの間、商品購入時の代金支払い方法によってはキャッシュバックやポイントバックがあります。個人商店などは最大5%、大規模フランチャイズチェーン(コンビニなど)では2%の還元が発生します(対象店舗であるかの確認は事前に行いましょう)
その支払い方法とは現金以外によるもの。クレジット支払い、バーコード決済、電子マネーによる会計などになります。一部民間企業の共通ポイントによる支払いなどは還元対象外になる場合もありますので注意が必要です。
海外では進んでいるキャッシュレス決済を日本も進めたがっているんですね。2020年には東京オリンピックもあります。海外からの観光客は当然キャッシュレス決済を利用してくるでしょうから、そうういった環境づくりも含めて、このような取り組みが実施されるのでしょう。9か月間ではありますが、その間の消費行動のトータル金額のうちの2%ですからキャッシュレス決済を利用しない手はありません。
今までは煩わしさ等が先立って現金支払いをなさっていた方でも、これを機にクレジット支払いなどを始められてはいかかでしょうか。

②バーコード決済などによるポイントバックなど

近年、さまざまな企業によりバーコード決済がスタートしています。乱立し過ぎていて訳が分からない状態であり、企業同士の競争は激しく行われています。ということはその分お客様を囲い込む為にキャンペーンも数多く実施されており、美味しいオマケをゲットしやすい環境でもあるということです。
一つの企業のバーコード決済だけを使用するのではなく、その時々でキャンペーン中の企業の決済サービスを使えば、美味しいところ取りが可能な訳です。

③子育て世代に対して市町村のプレミアム商品券

こちらは全ての方に対しての取り組みではないのですが、国による施策です。増税に対しての救済措置として2万円の支払で2万5千円分使用できる商品券を購入出来る、というものです。
主に子育て世帯などに向けてプレミアム商品券購入申請書類などが送られてきます。通知が届いた場合は少し億劫ですが商品券を購入されてみては。回数券形式になっているので2万円一括で購入する必要はありませんし、使用する際も小分けで500円ずつの券として利用出来ますよ。

④軽減税率について

全ての商品の消費税が10%になるわけではありません。食品などは軽減税率という考え方で8%を据え置くものも多いです。ですから10%に上昇する商品やサービスに対してはこれまで以上に無駄な購入を控えた方がいいとしても、8%で維持される商品に対して過度な意識を持たなくてよい分、少しは気楽に構えてもいいでしょう。
あまり節制を気にし過ぎても、節約疲れのプチご褒美とかを買ってしまってはそれこそ支出が増えますから。
とはいえ、高額な商品を買う予定がある方は9月中に購入できる算段を立てておきましょうね。

⑤民間企業のお得情報をキャッチする

10月からの消費税増税の前に駆け込み需要があることを企業も予測しています。その為、普段行くスーパーなどでは、増税前セールをアピールしていませんか?その中で必要なものがあれば購入しておいた方がいいですね。

⑥欲しいものは予めリストアップしておく

10%になってからあれこれ購入するのも何だか損した気分になりますので、前もって買っておく必要があるものは書き出して可視化しておきましょう。買い忘れ等のミスも減りますし、また増税前のセールに釣られて不必要なものを衝動買いしてしまうことも防止できます。
特に軽減税率のない日用品などが中心になってくると思いますので、部屋の整理整頓や掃除をしながら備蓄しておくべきものを見つけておきましょう。

スポンサーリンク

【まとめ】ピンチの中にチャンスあり。あきらめずにお得情報を探しましょう

消費税が上がることは確かに大変なのですが、それで諦めてしまって何も対策をしなければ余計に出費がかさんでしまいます。前述した点以外にもさまざまな企画や取り組みを企業は打ち出しているでしょうから、それらを逃さないようにしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました