節約生活は楽しい?

スポンサーリンク

節約はゲーム感覚で

何か買いたいものや、したいことがありますか?お金が山ほどあれば大抵のことは出来ますけどね。なかなかそんな簡単にはいきませんし、せっせと貯めないといけない。
でもお金って使うのはあっという間なんですけど貯めるのは一苦労ですよね。節約=我慢になってしまうと余計にストレスですし、せっかく欲しいものを買って楽しもうと思っているのに、お金を貯めた分ストレスも溜まってしまって何が何だか……みたいなことになりかねまん。
ですので、節約も楽しんで取り組まないと長続きしない上にフラストレーションも抱えてしまいますから、ここの認識を上手く変えて必要がありますね。

①自分にとって優先順位の低いものから切り詰める

敵を知り己を知れば……という有名な言葉もありますが、まずは自分のことを掘り下げてみましょう。同じ金額のお金を使うとしても、得られる満足には差があることが分かるはずです。
例えば食後の300円のデザートが何よりも楽しみで生きがいだ、という場合。この300円を節約しても、それと引き換えに多大なストレスを被ってしまっては300円以上の損失ではないでしょうか。
一方、何となく惰性で口にしてしまっていた夜食のおやつがあったとして。これを我慢することはさほど苦ではない、という自己分析ができていればダイエットも兼ねて300円分のおやつを節制出来るかもしれません。
このように、自分の中で使用する金額の優先順位を定めてから節約を行うことで、無理なく長期間、ひいては楽しく取り組めるような気がしませんか?

②記録を付けて可視化する

実行してきた日々の節制を何らかの形で記録していきましょう。目に見える形で残すことで達成感も得られますし、それらのプラスの情報や感情が節約生活を楽しんで継続させることに繋がります。

可視化の手法もさまざまですが、一番手軽なのは日記をつけることですね。日々書き込んでいくことで積み重なっていく記録が達成感を与えてくれますし、もちろんあとで振り返ることも出来る。500円玉貯金とかをするのも可視化ですよね。貯金箱がちょっとずつ重さを増していって、ジャラジャラ音がすれば満足感に浸れるかも。

③お目当てのものが買えた、出来た時のことをイメージする楽しみを味わう

お祭りは最中よりも準備の時の方が面白い、なんて言葉がありましたよね。節約の先にあるお目当てのものが得られた時のことを想像することも、楽しみ方と言えるのではないしょうか。
思うだけならタダですし、これは目標に向かって頑張る人にのみ与えれられる特権でしょうね。

スポンサーリンク

【まとめ】節約とは無駄を省き、本当にしたいことに向かって楽しむ力をつけること

いかがでしたでしょうか。ただいろんなことを我慢するだけが節約ではなく、それらを通じて自分が成長出来るきっかけにもなりそうですよね。買いたいものや実現したいことがあれば頑張ってみましょう。
1点注意することがあるとすれば、取り組みが進むにつれて手段が目的かすることが多々あります。節約すること自体が目的ではありませんので、自分が本当にしたいことにお金を使うときに罪悪感を覚えないように!節約=ケチになることではありませんからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました