部屋の片づけ、収納術について

スポンサーリンク

整理整頓はいくつかの法則を理解すれば簡単に出来る

部屋が散らかってるとうんざりしてきますよね。でも日々忙しくしていると、なかなか片付けたりする暇もないし。そんな時どうすればいいか。ホームセンターで収納グッズや便利グッズを買ってきて大改革?あるいはプロのホームコーディネーターさんが伝える収納の職人スキルを身に付けないとダメ?
いえいえ、ちょっとしたコツですっきりしますよ。そもそも片付ける前にこれだけのことを用意しないといけない、と思う時点で片付けに対するハードルが上がってしまいますよね。
何でも準備は大切なのですが、準備で消耗してしまって肝心の整理整頓が手につかないと本末転倒です。

①散らかっているものをグループ分けする

まずは似たようなもの同士を集めていって、大まかにグループ分けしましょう。あくまで大体で大丈夫!ここでそんなに時間と労力をかける必要はありません。

大きなくくりとしては、捨てるものかどうか。

捨てるものも、紙ごみ・ペットボトル・段ボールなどでグルーピング。
捨てないもので散らかるとしたら、衣類・本、雑誌類・おもちゃ・家電類・雑貨くらいでしょうか。

②よく使うもの・必要なものを自分の近くに置く

使用頻度が高いか低いか、重いかどうか、かさばるものか。などもグループ分けする時の判断材料です。
よく使うもので重いものは身の回りに。
逆に普段使わないもので、重くないけどかさばるものは物置の上の棚の奥の方においておく。
小さくて散らばるものは空いている段ボール箱にまとめておく。

など、それぞれの物の性質に合わせて配置する場所を自分なりにルールづけすると、整理の度にあれこれ悩まなくてもよくなります。

③全て完璧に片付ける必要はない

部屋が散らかっていてキレイにする時、モデルルームのような、いきなり完璧な状態を目指そうとしてはいけません。何でもそうですが、まずは大まかにざっくりと片付ければそれで充分。生活するにあたって自分が歩いて回る導線が確保され、ざっと見渡した時に物が散乱しておらず、何箇所かに固められていれば「片付いているように見える」状態になります。これを目指しましょう!
片付いているように感じられるレベルまで整理が進めば、まずはオーケーという軽い気持ちで取り掛かりましょう。その中で気分が乗ってきたらもっと進めればいいでしょうし。中途半端に片付け始めると、その道中で余計に散らかってしまって収集が付かなくなる時もあります。

スポンサーリンク

【まとめ】部屋がスッキリすることで頭もスッキリする

人間の脳は目から入ってくる情報を処理していますから、部屋が乱雑な状態だといちいち置いてある物を認識し続けるため、疲れるのだと思います。「あ、これはおもちゃで、それはチラシで、あれはは漫画で、それは昨日届いた荷物、ここにあるのは……」といった具合です。
いつもきれいな状態を維持するのは大変ですが、散らかっているゴミなどを眺めるだけで疲れる……それこそ無駄ですよね。

部屋が片付いていれば脳も休まりますし、その分節約できたエネルギーを他のことに回せると思います。日々忙しい生活を乗り切るためにも、まずは整理整頓から頑張ってみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました